2018年4月10日 火曜日

細川編集長の徒然想
 
「たまゆら」コラム
 
 
・世の中はほんとに不思議で
おもしろい。人生成り行きと
捉えたら、いろいろな
お役立ちがあるようで。
 
「ただいまより、安全祈願祭の
神事を執り行います」
 
ということで人生初、神事の司会を
務めました、細川です。
滞りなく終了しました。
またひとつ経験値が増えました。
 
以前、と言っても7年位前かな
税理士法人時代に日本青年会議所
“JC”に加入していたとき
可愛がってくれた先輩がいて
その方が神主さんでした。
今回の神事をするにあたっても、
先輩の神主さんの神社に依頼して
安全祈願をしていただいて
こうして7年経っても
名前を忘れずに話できる関係を
持てたことがうれしくてね。
 
以前、と言ってもこれは
3 年ほど前かな。
講演をしたときの最後の
質疑応答で
「細川さんはよく、
目の前のたったひとりを大切にする
と伝えていますが、細川さんに
とっての “大切” とは何ですか?」
と訊ねられたことがありました。
質問をしたその子にとって
このときの僕の回答は今でも
はっきり覚えてるそうで
なんだかうれしい気持ちに
なりました。
 
  “大切” とは、忘れないこと」
 
そう伝えたそうです。
 
名前を忘れない。
どこへ行ったかを忘れない。
どんな話をしたかを忘れない。
 
忘れないでいてくれた。
そのことがどれだけうれしいか。
そんな
忘れないひとでありたいな。
 
目の前のたったひとりを大切に。
  
 
 
 今日も「たまゆら」コラムに
来てくれてありがとうございます。
 
明日は今年度はじめての
小学校PTAの役員会。
まぁほんとにいろいろな
役割を与えていただいて
ありがたい、ありがたい。 
 
※「たまゆら」コラムは
日々浮かんでは消えるもの。
でもその中でずっと残るもの。
そんな心の中に存在する
ゆらめく言葉をほぼ毎日綴ります。
出会ってくれてありがとう。
 
 
感想を送る
 

X
X